スポンサードリンク



更新日:2019年8月19日

旦那・妻の浮気のボーダーラインは?ラブホ・デート・風俗のどれが浮気?

浮気調査

 

どこから浮気と思うかは個人差があると思いますが、法律的には異性とデートをしたり、キスをすることは浮気にはなりません。

 

浮気(不貞行為)のボーダーラインは、2人の間の性行為の有無です。

 

デートやキスをしている証拠のみでは、浮気相手に慰謝料請求をすることもできません。パートナーが浮気をしている場合は、法律ではどこからが浮気になるのかを知っておく必要があります。

 

慰謝料請求したり、離婚を有利に進めるためには、法律で認められる証拠を集めることが重要です。浮気になる行為と浮気にならない行為について調査してみました。

 

浮気になる行為と浮気にならない行為

浮気になる行為

 

  • 異性とラブホテルに行く
  •  

    一夜の過ち、お酒に酔って勢いなど、たった一度の性行為では証拠が不十分になる場合があります。

     

  • 異性と同じ部屋に宿泊する(ビジネスホテル・旅館など)
  •  

    ビジネスホテルの場合、数時間の滞在では証拠が不十分の場合があります。宿泊しているという証拠があれば不貞行為になります。

     

  • 異性の自宅に泊まる
  •  

    1回のみの場合は不貞行為として立証することは難しいでしょう。しかし、他にも交際の内容のメールなどがあった場合、不貞行為として認められる場合もあります。

     

  • 風俗店に行く
  •  

    風俗嬢は客が既婚者はわからないので、風俗嬢に慰謝料請求はできません。しかし、男性パートナーに対して離婚の理由にも該当し、慰謝料請求も可能です。

     

    その場合、夫婦関係が破綻したわけが風俗であるという理由と、裏付ける証拠、支払い能力が必要になります。例)夫の風俗通いで家計が苦しくなった、夫の風俗通いで夫婦がセックスレスになったなど。

 

なにか1つの出来事では不貞行為を立証することは難しいようです。日常からコツコツと様々な情報を集めるようにして、バレないように準備を行いましょう。

 

しかし、「浮気にならない行為」の証拠を頑張って集めてバレてしまっては、相手がさらにかくすようになってしまったりしてしまいます。浮気として認められないものもいくつもあるので知っておきましょう。

 

浮気にならない行為

 

  • 異性と2人きりで食事に行く
  • 特定の異性と頻繁に電話をする
  • 手をつなぐ
  • イチャイチャする
  • キスをする
  • メール・LINE・SNS上で親密なやり取りをする
  • メール・LINE・SNSのメッセージなどで裸の写真や動画を送り合う

 

これは浮気じゃないの?と思われるものもありますよね。不貞行為とは認められない行為でも、相手にとっての精神的ダメージははかりしれません。保存できるものであるならば、証拠として残しておく事をおすすめします。⇒浮気の証拠についての記事はこちら

 

しかし、相手のスマホを勝手に見る行為は「プライバシー侵害」「不正アクセス禁止法」に抵触することも考えられます。スマホにロックがかかっていたりしている場合は、むやみに手を出さないほうが良いでしょう。

 

メールやラインで見た情報や帰宅時間、残業が多い日など、自分のメモやスマホに記入して状況を把握するだけで、パートナーの動きを把握できることに繋がります。今後、浮気調査を行うのであれば、十分役にたつ情報です。無理をせず、自分でできる方法で情報を集めましょう。

浮気の証拠は探偵にまかせた方がよい3つの理由

パートナーの浮気を証明するには、ボーダーラインである性行為があるという証拠を集めなくてはなりません。しかし上記で掲載した通り、自分で浮気の証拠を撮る事は難しいので避けたほうがよいでしょう。

 

しかし、諦めてはいけません。探偵に依頼する方法があります。探偵が行う浮気調査は尾行・追跡の練習をしっかり積んでいるので、バレる可能性が低く、証拠を掴む事が可能になります。他にも探偵にまかせるとよいメリットが3つ上げられます。

 

証拠を撮影するための最新の機材が揃っている

 

望遠カメラ、暗闇でも撮影可能なビデオカメラなど、専用の機材も多数揃っています。浮気の証拠として提出する場合、はっきりと顔が写っていることが求められます。自宅用のカメラではなかなか難しい部分になるので、依頼した方がよいでしょう。

 

(例)総合探偵社MRの調査機材

総合探偵社MR

 

1度でもバレてしまうと、パートナーも警戒を強めているので、通常の浮気調査より時間も費用も多くかかってしまいます。中途半端に自分で浮気調査をするくらいなら、最初から探偵に依頼してしまった方が時間も費用も節約できるかもしれません。

 

調査報告書を作ってもらえる

 

  • 何時にどこで待ち合わせた。
  • 何色の洋服を着て現れた。
  • 何時にどこのホテルに入った。

 

このように細かい情報を記載した浮気調査報告書を作ってもらう事ができます。探偵社によっては、料金に込みのものもあれば、別料金で作成してもらえるものもあります。

 

(例)ALG探偵社の報告の写真と動画の様子

探偵

 

こういった浮気調査報告書は離婚する際、裁判資料としても使えるのでとても役に立ちます。この浮気の証拠を手に入れた時点で、優位な立場になった事は間違いないでしょう。

 

そして、パートナーから無理に離婚を迫られたときに、離婚を拒否することもできます。そして、浮気相手に対して慰謝料を請求することもできるので、不貞行為があるような浮気であれば、確実に押さえておいた方がよいといえます。

 

プロから様々な情報を得ることができる

 

パートナーの浮気が上手に隠されている場合、何気なく生活しているだけでは、その尻尾をつかまえることは難しいでしょう。特に女性が浮気をしている場合、ご主人が感づいたときには大事になっている場合もあります。

 

探偵は様々な方の調査を行っているので、どこから浮気をしているという情報を得ればいいのかもわかっています。あなたの状況に応じて最適なアドバイスを手に入れることができるでしょう。

 

ちなみに、浮気の状況を細かく教えてくれるリアルタイム報告を導入する探偵も増えています。浮気調査中でも、調査員やカウンセラーなどが、あなたに最適なアドバイスをしてくれるので安心です。

 

「探偵はあやしい」と思われる方も多いかもしれませんが、探偵選びさえ間違えなければあなたをしっかりとサポートしてくれる存在にもなります。離婚となった場合の弁護士のアフターフォローもあれば、復縁カウンセラーの紹介をしてくれる探偵社もあります。

 

浮気かどうか放置している間に、浮気相手が妊娠・・・なんて事がおきると、相続問題にも発展しかねません。動くタイミングなど迷っている時間もないので、探偵の無料相談を利用して、プロに意見を聞くという事も一つの手です。

浮気かどうか自分で調べたいならGPSもアリ

事前調査としてGPSを使うという手段も

 

レンタルGPS

 

自分で浮気調査をするために、レンタルGPSを使う方が増えています。日常の行動が把握できるので、探偵に依頼する前に事前調査として利用する方も。車を使った通勤中の行動が気になる方に特におすすめの調査手段です。

 

探偵も使う高性能なレンタルGPSは位置情報の誤差が少なく、充電が長持ちするため使い勝手が良いことで知られています。しかも、スマホやパソコンで相手の位置をリアルタイムで確認できるものもあり、しかも使い方は簡単です。

 

⇒自分で浮気調査したい時におすすめのGPSはどれ?

 

レンタルGPSについて知りたい方はこちら▼クリックで展開します。

 

 

 

こちらのサイトでは、33社の探偵社の比較した情報をもとに、ランキングを作成しました。ランキングに掲載している探偵事務所は「信頼できる探偵の7つの条件」に対応しているところを33社の中から5社を厳選して紹介しています。