スポンサードリンク



更新日:2019年8月19日

GPSを使って浮気調査をすることは違法?気をつけたい設置場所は?

違法

 

浮気調査でGPSを使用することは、違法にはなりません。ただし家族間のみで、GPSの必要性があるという理由が明確な場合に限ります。

 

例えば、認知症で徘徊する高齢者、子供の迷子や居場所確認のためなどです。配偶者の浮気の疑いも明確な理由になります。注意点は、GPSを設置する場所によっては違法となる場合もあります。また家族以外の他人に使用した場合は、プライバシーの侵害で違法になります。

 

GPSは非常にグレーゾーンが多く、素人判断で行動するのは難しい所も多々あるので、ここでは、違法にならないような使い方や設置場所の解説をします。

 

要注意!違法になるかもしれない、GPSの設置場所

GPSの発信機を使った調査は探偵も利用しています。現在では、レンタルGPSやネットショップで購入するということも可能です。

 

しかし、パートナーに浮気の疑いがあるからと言って、どこにでもGPSを仕掛けて良いわけではありません。いくら夫婦間であっても、GPSの場所によっては違法行為になる可能性もあるので、違法にならない場所を選びましょう。

 

違法になる可能性ありのGPSの設置場所
  • 配偶者のカバンを開けてGPSを仕込んだ場合は違法の可能性あり
  • カバンは個人の所有物なので、無許可で開けるとプライバシーの侵害で違法行為になる可能性あり

     

  • 他人の所有車にGPSを取り付けた場合は違法の可能性あり
  • 会社、浮気相手、旦那の友達など、他人の所有物にGPSを取り付けることは違法

     

  • 他人の敷地内に入って車にGPSを取り付けた場合に違法の可能性あり
  • 他人(例えば浮気相手宅の駐車場など)の敷地内に断りなく入ると住居侵入罪で違法行為の可能性あり

スマホのGPSを勝手に操作すると違法行為に!

 

最近ではスマホにGPSの機能がついていたり、GPSアプリや監視アプリなど、浮気調査に最適な機能がスマホにはたくさんあります。

 

主に、スマホをGPSにするには、「パートナーのスマホにGPSアプリを入れ、自宅のパソコンから位置を調べる」「自分のスマホにGPSアプリを入れ、車などに入れておく」このような方法になります。

 

特にパートナーのスマホにGPSアプリを入れる行為は、違法行為になる可能性があります。家族間であっても、勝手にスマホを操作すること自体に大変リスクがあります。

 

パスワードを勝手に解除してスマホを操作すれば、不正アクセス禁止法。行動を監視できるようなアプリを無断でインストールすると、不正指令電磁的記録提供罪(刑法168条の2)に該当する可能性があります。

 

この場合の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金を支払わなければならなくなるので、配偶者のスマホを勝手に触らないほうがよいでしょう。⇒スマホアプリを使った浮気調査について

 

GPSでの記録は浮気の証拠にはなりません!

 

GPSを使って浮気調査をすることは違法?気をつけたい設置場所について

注意したいのが、GPSの記録は浮気の証拠にはなりません。法律で認められる浮気の証拠を手に入れたい場合、GPSの情報だけでは不十分です。

 

法律で浮気の証拠になるものは、性行為の現場を撮影した写真や、ラブホテル・浮気相手の自宅での写真などになります。⇒法律で認められる証拠ってどんなもの?

違法にならずバレにくい!GPSのベストな場所はここ!

設置場所

<<クリックで拡大します>>

 

GPSでの浮気調査で、GPS発信機の設置にも適している場所は、自家用車の下です。自家用車は、夫婦の共有財産なのでGPSを設置してもプライバシーの侵害などの違法になることはありません。

 

また、車の下はバレにくいというメリットもあります。取り付けも、自宅の駐車場でしたら住居侵入罪になることもありません。

 

自家用車の下にどうやって付けるの?と不思議に思う方もいると思いますが、多くのGPSが強力磁石がセットになっておりはずれる心配もありません。雨や洗車でも付けるような防水仕様になっているので安心です。

 

実際に探偵も、GPS発信機を車の下に設置して浮気調査を行います。現在、レンタルや購入など様々なGPSを一般の方も手に入れる事ができます。

 

GPS発信機の性能によって金額も様々ですが、使い方やアフターフォローなどもあるレンタルGPSは人気です。⇒もっと詳しい「GPSの料金について」

 

管理人おすすめのレンタルGPS

自分でGPSを使って浮気調査をするとこんなメリットが!

 

GPSは浮気調査で重要な役割を担うため、使用頻度が高いアイテムの一つです。そして、自分で浮気調査をしたいという方にも、メリットがあるので管理人はおすすめしています。

 

まず、事前調査としてGPSを使うと、「本当に浮気をしている」「パチンコに寄り道をしていた」など、浮気が真実かどうかを知ることができます。そして、確実な証拠をつかむために探偵に依頼する場合、事前調査があることで価格を下げる事もできるのです。

 

実際に使った方の口コミはこちら▼ クリックで展開します。

探偵がGPSで浮気調査をしても違法にならないの?

 

探偵も「探偵業法」や「プライバシー保護に関する法律」などを熟知しているため、違法にならないような工夫をしています。

 

探偵に依頼して浮気調査でGPSを使う場合、探偵が用意したGPSを依頼者が車に設置する事になります。ここまでは、自分でGPSを使った調査をする場合と同じです。つまり、探偵だからといって特別な事が認められているわけではありません。

 

探偵事務所がGPSを貸出てくれるところもある

 

HAL探偵社はGPSのレンタルも行っています。探偵によるアドバイスでGPSの設置を行い、行動がある程度把握できたその後に証拠の撮影が行われるため、一連の流れがとてもスムーズです。

 

そのためGPSでわかった浮気現場に、対象者にバレていない車でかけつけ、浮気現場を撮影する事が可能です。浮気から離婚・慰謝料請求といったことを考えているのであれば、探偵にしっかりと証拠を掴んでもらったほうが良いということになります。

 

もちろん、夫婦関係を修復したいと考えている方も証拠があれば、浮気相手に慰謝料を請求、浮気をしたパートナーからの強引な離婚を阻止などメリットはあります。もしも、GPSで調査を行い、浮気がなかったとわかればそれはそれで安心できますよね。

GPSで浮気調査!違法行為から身を守るためには?

GPSでの浮気調査で違法行為に触れないためには、迷ったり、これって違法かな?と少しでも感じたら、素人判断はしないことが大切です。

 

プライバシーの侵害は非常に複雑ですし、不正アクセス禁止法(スマホのロック解除)や不正指令電磁的記録提供罪(アプリを勝手にインストール)の取り締まりも、年々厳しくなってきています。

 

GPSの他にボイスレコーダーを使って自分で浮気調査をする方もいますが、リスクがある事を知って利用することをおすすめします。

 

自分で浮気調査することが不安なのであれば、探偵に依頼するということも一つの手段です。しかも、確実に証拠を掴んでくれるので、浮気を理由に離婚を考えている方や、慰謝料請求を求める方はおすすめです。

 

もちろん、復縁を希望している方でも探偵に依頼する方も多くいます。探偵事務所によっては、復縁をサポートしてくれるカウンセラーがいる場合も。

 

まずは、心の不安を解消するために、第三者に相談してみましょう。相談の内容からピッタリの探偵を選んでくれるマッチングサイトや、一括見積もりサイトもあります。